PRODUCTRACKER-プロダクトラッカー 合同会社NEXT 田原芙雪 どういう塩梅かな?

物販

管理人のカバです。

当サイトでは、リアルな感想を発信していきます。

さて『PRODUCTRACKER-プロダクトラッカー』という商材について取り上げたいと思います。

Amazon以外の在庫管理をするツールですが、はたしてどういう塩梅なんでしょうか?

〇『PRODUCTRACKER-プロダクトラッカー』判定は?

当案件は

おすすめできません。

では、その理由を見ていきましょう。

〇特定商取引法

販売者名 合同会社NEXT
販売責任者 田原 芙雪
住所 〒232-0012神奈川県横浜市南区南吉田町1-1-4SACRAS YOKOHAMA402
電話番号 045-252-5201
メールアドレス official@sedori-joshi-university.com
販売URL http://lp.sedori-joshi-university.com/sju/

〇『PRODUCTRACKER-プロダクトラッカー』について

アマゾン以外の販路(ヤフオク、メルカリ、ラクマ、etc)のせどり商品を在庫管理するツール 特徴1:スマホでお手軽簡単操作 特徴2:仕入れ中にその場で利益計算 特徴3:販路ごとの手数料もマスタ管理可能 特徴4:見やすい売り上げ管理画面 特徴5:在庫数、在庫金額がワンクリックで表示 特徴6:棚卸し結果をファイル出力 特徴7:便利な検索機能付き

〇『田原 芙雪』とは?

この方、「たはらふゆき」とお読みして、なんと男性です。お名前から女性だと思っていました。

情報発信コミュニティ『NEXT』 代表

サラリーマンをしながら、いくつものサイドビジネスを展開し、現在250名以上が在籍する経営者が学び・実践する『NEXT』というビジネスコミュニティの創設者。

サイドビジネスの1つに、政治関係の案件もこなした実績もある。情報発信、マーケティングを主な活動とし、2019年には年商1億円を達成。

個人活動でも月収100万円をキープ中。会社に依存せずに自分の力でビジネスができる人をたくさん排出するために日々奮闘中。

出典:http://shonai-shacho.com/blog/self-introduction/

様々なネットビジネスを経験されていますね。

〇ネタバレ

月額制でありランニングコストがかかる

管理ツールであるため稼げるわけではない

出典:https://toona.work/productracker%EF%BC%8D%E3%80%80%E7%94%B0%E5%8E%9F%E8%8A%99%E9%9B%AA%E3%80%80%E5%8B%9D%E3%81%A1%E5%BE%97%E3%82%8B/

 

ただ、これ系の転売は皆が皆同じことをするので
利益の出せる商品の仕入れは困難ですよね

出典:https://mhdfuku.com/productracker/

これ以上『PRODUCTRACKER-プロダクトラッカー』の口コミが見つかりませんでしたので、『田原 芙雪 口コミ』で調べて見ました。

「縦横無尽せどり」ツールを使って利益商品をリサーチすることまでは自動でできたとしても、その中から自力で人気商品を探し出さなければいけませんし、また、見つかった人気商品をライバルに勝つために最安値で出品するとして、その場合に利益確保はできるのかどうかの確認が必要になります。

出典:http://yukoyuko07.livedoor.blog/archives/10217085.html?ref=head_btn_next&id=8381033

〇まとめ

最終的に、おすすめはできません。

誇大広告である。

実践者や講師の具体的な実績や証拠がない。

具体的なノウハウの詳細がなく、初心者には難しい。

講師や会社、過去商材の評判が悪い。

リアルなポジティブ口コミが複数ない。

リアルなネガティブ口コミがある。

そもそも在庫管理ツールに稼ぐことを期待するのが、間違っているのでしょう。

セールスレターはこれさえ買えば…という書き方をしますが。

初心者はツールに頼らず、まず目利き力を磨くのが最優先ですね。

終わりまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

管理人カバ

タイトルとURLをコピーしました