WildCardSystem 株式会社ワイルドアイズ 政岡吉宗 実情は大丈夫なのか?

投資

管理人のカバです。

当サイトでは、リアルな感想を発信していきます。

さて『WildCardSystem』という商材について取り上げたいと思います。

平均勝率が93.7%ということですが、はたして本当に初心者が稼げるのでしょうか?

〇『WildCardSystem』判定は?

当案件は

おすすめできません。

では、その理由を見ていきましょう。

〇特定商取引法

販売者名 株式会社ワイルドアイズ
販売責任者名 加瀬大介
所在地 東京都中央区銀座1-22-11銀座大竹ビジデンス2F
メールアドレス rumirisu07@gmail.com
電話番号 03-6683-7158
販売ページ https://wildcardsystem.com/
販売価格 19800円(税込)

〇『WildCardSystem』について

平均勝率93.7%の高勝率を叩き出す51種類のロジックを搭載したバイナリーオプションのサインツール。世界トップレベルの通貨ペア別の3つのロジックで、使った人をバイナリーの王道へと導くシステムです。「ワイルドカードシステム」は現時点で17通貨ペアに対応。各通貨ペアに合わせて開発した3種類のロジックを搭載しています。つまり、17通貨ペア×3種類、合計51種類のロジックを搭載しているという事です。搭載されているロジック数が多いほどトレードチャンスも多くなるので、51種類のロジックを搭載した「ワイルドカードシステム」は勝てるチャンスもそれだけ多いということになります。また上昇トレンド、レンジ相場、下降トレンドを自動判別するので、初心者でも安心してエントリーできます。

〇『所在地』は?

Googleストリートビューで画像の埋め込みはありませんでした。
バーチャル・レンタルオフィスのようです。
インターネットで調べるとバーチャル・レンタルオフィスと出て来ます。
バーチャル・レンタルオフィスの場合は月極で借りられるところが多いです。
ただ月極ですので、来月にはもう場所が変わっているかもしれません。

〇『会社名』は?

株式会社ワイルドアイズ
WEBマーケティングのプロとして、ベンチャー企業のWEBマーケティングからプロモーションまで引き受けます。
YouTuberのマーケティング活動やシード段階の企業の集客を手伝い、企業が成長する過程に寄り添っています。
何もなかったベンチャー企業が少しづつ大きくなり成長していく過程とともに、ベンチャー企業に関わる弊社の成長をともに見守ることに喜びを感じています。
企業理念として徹底した顧客目線をかかげています。
これは以前利益優先でサービス提供していた時、倒産寸前までいった苦い経験を元に、企業はお客さんのためにあるという原点に立ち返り、再び理念としました。
その結果紆余曲折ありましたが、今現在はお客さんからの共感も数多くいただいています。
今後も変わらず徹底した顧客目線でお客さんの求めるものやお困りごとに徹底してお応えする企業であるよう一丸となり取り組んでいきます。

〇『政岡吉宗』とは?

政岡吉宗
1985年生まれ 長野県出身
母子家庭で育つ
「僕がお母さんを守る!」という気持ちを持つ
早稲田大学卒業後、大手証券会社に就職する
多忙だが趣味もないため3000万円貯金する
母が脳卒中で他界する
時間とお金に縛られたくないと退職し個人投資家を目指す
株式投資とFXで最初は勝てたが、翌年2000万円溶かす
毎日18時間チャートを見続けFXの研究に没頭する
3000万円の費用をかけ残高40万円になるが、3年がかりでトレードルールを確立する
バイナリーオプションで月平均120万円を達成する
さらにそこから3年研究しWildCardSystemを完成させ資産1億3200万円となる
まさに敗者復活=ワイルドカードする

〇ネタバレ

バイナリー系の商材では勝率90%以上を謳っているものが多いですが、殆どがマーチンを2回することが前提の勝率です。しかし、2回マーチンをやった場合、約95%の勝率が無いと損益分岐点を超えない計算になります。勝率90%以上と聞くと、何だかスゴイように感じますが実は勝てないツールだったりします。

出典:https://money-diary.net/wild-card-system/

 

ロジックも不明ですし、そもそも90%超えなんてありえませんね。そしてそしてわたしの大嫌いなマーチンゲール法です。これは絶対無理。平常心を保てる人間じゃないと無理です。そもそもマーチンで勝てません!

出典:https://akimoney.net/wildcardsystem%EF%BC%88%E3%83%AF%E3%82%A4%E3%83%AB%E3%83%89%E3%82%AB%E3%83%BC%E3%83%89%E3%82%B7%E3%82%B9%E3%83%86%E3%83%A0%EF%BC%89%E3%80%90%E5%8A%A0%E7%80%AC%E5%A4%A7%E4%BB%8B%E3%80%91%E3%81%A3-2

 

結局のところ単発で勝てるのであればこんな危険な事をする必要はないので単発では勝てないからマーチンを使わざるを得ないと考えるのが普通だと思います。

出典:https://creative-money.com/wildcardsystem/

〇まとめ

最終的に、おすすめはできません。

誇大表現である。

特典がたくさんついている。

後何日、残りわずか、今だけ、先着など煽っている。

実践者や講師の具体的な実績や証拠がない。

具体的なノウハウの詳細がなく、初心者には難しい。

初心者の実践者が『稼いで成功するまでサポートする』とコミット(結果を約束する)していない。

リアルなポジティブ口コミが複数ない。

リアルなネガティブ口コミがある。

褒め記事(アフィリエイトサイト、ステマ)がある。

情報がないことは前向きに捉えることもできますが、まだ実践者がいない可能性もあります。

特商法に不備がある。
(画像である、フリーメールである、バーチャル・レンタルオフィスである)

マーチンゲール法をしている時点で論外・問題外でアウトです。

この記事をご覧になった人は、是非今一度考え直すことをおすすめします。

終わりまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

管理人カバ

タイトルとURLをコピーしました