扇動マーケティング 株式会社GRASP 濱田大輔 本当に稼げるのか?

アフィリエイト

管理人のカバです。

当サイトでは、リアルな感想を発信していきます。

さて『扇動マーケティング』という商材について取り上げたいと思います。

人心操作術の神髄ということですが、はたして本当に初心者が稼げるのでしょうか?

〇『扇動マーケティング』判定は?

当案件は

おすすめできません。

では、その理由を見ていきましょう。

〇特定商取引法

販売者:株式会社GRASP
運営統括責任:濱田大輔
住所:東京都世田谷区北沢2丁目8-6 菱和パレス下北沢駅前704
連絡先TEL: (50) 5806-1645
E-mail: daipon02@gmail.com
販売方法:http://afr9.net/sendou/letter/
販売価格:30,000円

〇『扇動マーケティング』について

扇動マーケティング
・扇動セミナー ・スリートップライティングセミナー×2
なぜ熱く売り込まないのに高い商品が次々と売れるのか?
コピーライティングより圧倒的に稼げるもうひとつの販売テクニックとは何なのか?
億を稼ぐ起業家達が口が裂けても言わない秘密とは何なのか…
お客さんを意図的に熱心な信者に変えて、10万円越えの高い商品でさえ盲目的に買わせてしまう彼らの人心操作術の神髄を、こっそりあなたに教えようと思うのですが…

〇『所在地』は?

バーチャル・レンタルオフィスではなく、住居のようです。
一人や少人数で活動されている人はあえて部屋を借りず、住居兼事務所の人も多いです。
ただ住居兼事務所なので、具体的にいつ頃活動しているかはわかりません。

〇『会社名』は?

株式会社GRASPで調べましたが、
2015年10月5日法人登録
2017年11月6日所在地変更:世田谷区北沢2-8-6菱和パレス下北沢駅前704→目黒区青葉台1-22-10クレヴィア中目黒1203
2020年7月28日所在地変更:目黒区青葉台1-22-10クレヴィア中目黒1203→渋谷区代官山町8-7Daiwa代官山ビル1F-6F
以外特に情報がありませんでした。
最近は会社名があっても実情は活動していないことも多いです。
いわゆるペーパーカンパニーというもので、建前の意味合いが強いです。
初対面の人には、ちゃんと会社を作って活動しているという真面目な印象を与えられます。

〇『濱田大輔』とは?

濱田大輔(だいぽん)
1985年生まれ
株式会社GRASP代表
小説と音楽と旅行が大好きでパチンコ狂の親を持ち極貧の家庭に育つ
2009年学費用のバイト代を親に使われ大学を休学しアフィリエイトを始め4ケ月で月収100万円達成し節税のため法人化する
その後お金の心配がなくなってからは趣味の音楽、小説、旅行に没頭する毎日を送る
2015年3月に個人で2冊の電子書籍を出版しAmazon電子書籍ベストセラーランキング有料・無料カテゴリーで2冊同時1位を獲得する
20歳 時給720円皿洗い
22歳 PC1台でネットビジネス挑戦
23歳 半年で月収100万円達成
27歳 1人で年商1億円達成
28歳 お金のために働く必要がなくなる
29歳 電子書籍を出版しAmazon1位をとる
30歳 完全放置で年商3億円達成し趣味に生きる

〇ネタバレ

初心者には「扇動マーケティング」のようなある工程に特化した教材よりも、ひとつのビジネスモデルの一連の手順を通しで学べる教材の方が効率的であり理解しやすいのです。

出典:https://safe-sideline.com/sendou/

 

サポートがついていない。初心者にとっては不安な要素。濱田氏の他の商材の評判がよくない。 ほったらかしにしているような商材が稼げるわけないよね。濱田氏について検索してみればわかるかもしれませんが、いい評価をしているサイトというのは少ないのです。

出典:https://satomiku.net/sendo-marketing

 

特商法の住所がずっと更新されていなかったり、Twitter以外の更新は数年前で止まっています。口コミにもあるように放置で良いと思っている様子。

出典:https://arcana01.com/sendo-marketing

〇まとめ

最終的に、おすすめはできません。

誇大表現である。

特典がたくさんついている。

後何日、残りわずか、今だけ、先着など煽っている。

実践者や講師の具体的な実績や証拠がない。

具体的なノウハウの詳細がなく、初心者には難しい。

講師や会社、過去商材の評判が悪い。

講師が本業よりも教える系(塾、スクール、セミナー、講座、情報発信・販売、コンサルティング)メインである。

初心者の実践者が『稼いで成功するまでサポートする』とコミット(結果を約束する)していない。

リアルなポジティブ口コミが複数ない。

リアルなネガティブ口コミがある。

褒め記事(アフィリエイトサイト、ステマ)がある。

情報がないことは前向きに捉えることもできますが、まだ実践者がいない可能性もあります。

特商法に不備がある。
(電話番号が携帯や050(IP)である、フリーメールである)

具体的でない、サポートがない、メディア更新がされていない、所在地は古いまま、これだけ揃えばもう十分です。

この記事をご覧になった人は、是非今一度考え直すことをおすすめします。

終わりまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

管理人カバ

タイトルとURLをコピーしました