エリオット波動で利大損小!相場の原理原則インジケーター 金田邦裕 稼ぐには不透明な実情!

FX

管理人のカバです。

当サイトでは、リアルな感想を発信していきます。

さて『エリオット波動で利大損小!相場の原理原則インジケーター』という商材について取り上げたいと思います。

10ヶ月で1400万円ということですが、はたして本当に初心者が稼げるのでしょうか?

〇『エリオット波動で利大損小!相場の原理原則インジケーター』判定は?

当案件は

おすすめできません。

では、その理由を見ていきましょう。

〇特定商取引法

販売者名  金田邦裕
住所  神奈川県横浜市泉区中田東1-8-13 プリムヴェールA202
電話番号  090-9193-4957
メールアドレス kinchanbbh3@yahoo.co.jp
販売URL https://info-kincomchannel.com/
販売価格  29800円 (税込)

〇『エリオット波動で利大損小!相場の原理原則インジケーター』について

FX、CFD、仮想通貨の全てに通用するエリオット波動とチャートパターンの目標値を正確にMT4のチャート上にアウトプットする新しいタイプのインジケーターです。 今までのFXのインジケーターは、仕掛けるタイミングで矢印が出て、手仕舞いのタイミングで矢印が出るというのが主流でした。 しかし、この相場の原理原則インジケーターは、仕掛ける前に手仕舞うポイントがチャート上にアウトプットされます。 このことで、今まで仕掛ける時にわからなかった、トレードのリスク・リワードレシオがわかり、裁量トレーダーのトレードの質を劇的に向上させるインジケーターです。

〇『所在地』は?

バーチャル・レンタルオフィスではなく、住居のようです。
一人や少人数で活動されている人はあえて部屋を借りず、住居兼事務所の人も多いです。
ただ住居兼事務所なので、具体的にいつ頃活動しているかはわかりません。

〇『会社名』は?

個人名でされているようなので、特に情報がありませんでした。
最近は税金対策の面で一人で活動している人はあえて法人にしないで、個人事業主でいる人も大勢います。
スタッフを雇ったり、事務所を住居以外に借りたりすれば初めてそのタイミングで法人にする人も多いです。

〇『金田邦裕』とは?

金田邦裕
スクール講師兼トレーダー
1973年生まれ 愛知県出身
元陸上自衛官として阪神淡路大震災、東日本大震災で活躍する
1973年:愛知県名古屋市で生まれる
1992年:高校卒業後に自衛隊に入隊する
2015年:自衛隊を依願退職し、一念発起し個人トレーダーとして活動を始める
2016年:個人トレーダーとして月収100万円を達成する
2021年:少数精鋭のオンライン株式投資スクールを運営する
2021年:総勢400名以上の人を指導して月収100万円プレーヤーを始め数千万円プレイヤーも多数輩出する
2022年:株式投資スクールの講師業の傍ら現役プレイヤーとしても活動する

〇ネタバレ

完全な裁量トレードです。エリオット波動を理解できるかどうかで、結果が変わると想定します。初心者であれば、インジケータを利用できるようになるまでに、かなりの時間がかかると思われます。

出典:https://perpetual-income01.com/soubano-genrigensoku

 

FX最強のインジケーターは欲しいけど、エリオット波動はないな~。あくまでも理論にすぎないし、理論通りにトレードができるかというと、それも無理だし。FXの裁量トレードで重要なのはやっぱりメンタルになってくる。

出典:https://abcsitemap.com/fx-indicator/

 

ただ、裁量トレードでもあり、メインで使うエリオット波動をしっかり理解していないと、肝心のパターンを見落としてしまう可能性が高く、また、事前に覚えること、知っておくべきことが多過ぎるので、まずは十分に時間を掛けて基礎から勉強しないと、本インジケーターを使って実践に挑むのはとても難儀なように思えます。

出典:https://tongrongaffiliate.com/fx-elliottogenrigensoku/

〇まとめ

最終的に、おすすめはできません。

誇大表現である。

特典がたくさんついている。

後何日、残りわずか、今だけ、先着など煽っている。

実践者や講師の具体的な実績や証拠がない。

具体的なノウハウの詳細がなく、初心者には難しい。

講師や会社、過去商材の評判が悪い。

講師が本業よりも教える系(塾、スクール、セミナー、講座、情報発信・販売、コンサルティング)メインである。

初心者の実践者が『稼いで成功するまでサポートする』とコミット(結果を約束する)していない。

リアルなポジティブ口コミが複数ない。

リアルなネガティブ口コミがある。

褒め記事(アフィリエイトサイト、ステマ)がある。

情報がないことは前向きに捉えることもできますが、まだ実践者がいない可能性もあります。

特商法に不備がある。
(法人がない、電話番号が携帯や050(IP)である、フリーメールである)

結局ツールを使うのに裁量が必要なら、なおさら最優先で実力をつけることが第一ですね。

この記事をご覧になった人は、是非今一度考え直すことをおすすめします。

終わりまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

管理人カバ

タイトルとURLをコピーしました