ハイエンドメルマガライティング講座  Bluepoint Info Marketing アポロ(足立直哉) 実情は別物なのか?

その他

管理人のカバです。

当サイトでは、リアルな感想を発信していきます。

さて『ハイエンドメルマガライティング講座』という商材について取り上げたいと思います。

ある条件を満たすだけで稼げるとありますが、はたして本当に初心者が稼げるのでしょうか?

〇『ハイエンドメルマガライティング講座』判定は?

当案件は

おすすめできません。

では、その理由を見ていきましょう。

〇特定商取引法

販売業者 Bluepoint Info Marketing 足立直哉
住所 #130 10788 Whally Blvd, Surrey,BC,Canada
電話番号 604-498-0201
メールアドレス info@bluepoint-ca.com
販売URL https://sites.google.com/bluepoint-ca.com/online-consultant/home

〇『ハイエンドメルマガライティング講座』について

ハイエンドメルマガライティング講座
約5時間の動画講義になっています。
オンラインなので都合のよい時間に学習できます。
自宅や電車の中でも見れるので隙間時間を有効活用できます。
買切り型講座なので無期限でコンテンツを視聴できます。
セッション1:メルマガの全体像
セッション2:マインドセットと習慣化
セッション3:リストビルディング
セッション4:ステップメール
セッション5:メルマガライティング
セッション6:売れるセールスの秘訣
セッション7:ファン創造メルマガの極意
セッション8:仕組・自動化システム構築術
ボーナスコンテンツ
◦おすすめメルマガスタンド紹介
◦地味だけど効果抜群な信用アップテクニック

〇『所在地』は?

この画像・住所では所在地は確認出来ませんでした。
Googleストリートビューだとある特定の部分にボカシが入っていることがあります。
Googleストリートビューでもごくまれに抜けている地域もあります。
Googleストリートビューの更新される時も表示されません。
また新しく生まれた住所や番地はないことがあります。

〇『会社名』は?

Bluepoint Info Marketing
コンサルティングとコンテンツマーケティングを専門とするカナダのWEBマーケティング会社です。
海外在住者や個人起業家支援や企業のマーケティングサポートなどもします。

〇『アポロ(足立直哉)』とは?

アポロ(足立直哉)
足立直哉はアポロという名前で活動しています。
ニートをクビになり、起業を失敗し、借金まみれで人生ボロボロ状態から知識・経験0からブログで情報発信しコンテンツビジネスで起業する。
Kindle(文章)、Audible(音声)、Udemy(動画)などの様々なコンテンツを販売しオリジナル講座運営や一人ビジネスのコンサルティングも行っている。
起業1年半で月商100万円を突破し、2か月間で300万円の売上を達成する。
カナダ、シンガポール、ベトナムに住み、海外渡航は30カ国以上になりカナダで永住権を取得し在住している。
Udemyベストセラー講師で受講者数は2000名以上になる。
海外在住歴は10年以上。
15年旅行業に従事し、渡航国は30カ国以上になる。
肩書
ポッドキャスター
英語コーチ
Udemyベストセラー講師
コンテンツマーケッター
Kindleベストセラー著者
オーディオ出版講師

〇ネタバレ

メールマガジンの到達率(開封率)は、一般的に20%ですが、その20%全員が購入につながるわけではありませんので、かなりの見込み客リストが必要です。売れる商品の選定が必要です。コンテンツには、売れる商品の選定方法については学べなそうです。そのため、現在、売る商品が決まっていない方は、この商材を購入しても効果が薄い可能性が高いです。

出典:https://perpetual-income01.com/aporo-mail-magazine

『ハイエンドメルマガライティング講座』の口コミが見つかりませんでしたので、『アポロ(足立直哉) 口コミ』で調べてみました。

全く口コミがない。
現在はkindleに何も出版していなさそう。

出典:https://job-souko.com/contentscreater-adachi/

 

所在地が海外にあるので、トラブルへの対応が難しくなります。実績と称して、参加者からの賞賛コメントのスクリーンショットはたくさん貼られていますが、確実な証拠とは言えません。一度仕組みができれば何もしなくてもお金が入り続けると書いていますが、本人はアクティブに情報発信しているので本当かどうかはわかりません。

出典:https://okanenoblog2022.com/vtj605/

〇まとめ

最終的に、おすすめはできません。

誇大表現である。

特典がたくさんついている。

後何日、残りわずか、今だけ、先着など煽っている。

実践者や講師の具体的な実績や証拠がない。

具体的なノウハウの詳細がなく、初心者には難しい。

講師や会社、過去商材の評判が悪い。

講師や会社が本業よりも教える系(塾、スクール、セミナー、講座、情報発信、情報商材販売、コンサルティング)メインである。

初心者の実践者が『稼いで成功するまでサポートする』とコミット(結果を約束する)していない。

リアルなポジティブ口コミが複数ない。

リアルなネガティブ口コミがある。

褒め記事(アフィリエイトサイト、ステマ)がある。

情報がないことは前向きに捉えることもできますが、まだ実践者がいない可能性もあります。

おそらくバックエンドがある。

特商法に不備がある。
(商品価格がない)

知識0の初心者が自分の商品などあるわけがありません。まずは自分の商品作りを手助けしてくれる個別コンサルなどを受けるのが最優先ですね。

この記事をご覧になった人は、是非今一度考え直すことをおすすめします。

終わりまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

管理人カバ

タイトルとURLをコピーしました