ファーストクラス 株式会社ウェブメッセージ 石田卓馬 大丈夫ではない実情を公開!

その他

管理人のカバです。

当サイトでは、リアルな感想を発信していきます。

さて『ファーストクラス』という商材について取り上げたいと思います。

初心者が継続して稼いでいくということですが、はたして本当に初心者が稼げるのでしょうか?

〇『ファーストクラス』判定は?

当案件は

おすすめできません。

では、その理由を見ていきましょう。

〇特定商取引法

販売業者 株式会社ウェブメッセージ
運営統括責任者 石田卓馬
本社所在地 東京都港区南青山2丁目2番15号ウィン青山ビルUCF917
事業所 神奈川県大和市中央林間6-2-1-107
お問い合わせメールアドレス info@torebook.jp
お問い合わせ電話番号 090-4920-1219
固定電話 046-276-5002

〇『ファーストクラス』について

パソコンの苦手な初心者が、月20万円の収入を継続して稼げるノウハウを すべて動画(1200分以上)でお教えする講座です。 ホームページ作成技術が身に付いた後に、自分自身でホームページを提供して 収入を得ることができる、「次世代ビジネスモデル」を行うことができます。

〇『所在地』は?

バーチャル・レンタルオフィスのようです。
インターネットで調べるとバーチャル・レンタルオフィスと出て来ます。
バーチャル・レンタルオフィスの場合は月極で借りられるところが多いです。
ただ月極ですので、来月にはもう場所が変わっているかもしれません。

〇『株式会社ウェブメッセージ』は?

株式会社ウェブメッセージ
そもそも株式会社ウェブメッセージの名前の由来は、「インターネット上(ウェブ上)で、たくさんの方に僕からのメッセージを伝えたい。」という想いから名付ける。
事業案内
◦ホームページ制作支援
◦ホームページ作成講座開催
◦会員制サイドビジネス講座
ホームページ制作が30~50万円していたので、高くて申し込めないという方々を対象に月額でホームページ制作講座をスタートする。

〇『石田卓馬』とは?

石田卓馬
神奈川県在住
株式会社ウェブメッセージ
事業
◦ホームページ制作
◦WEBコンサルタント
◦個人投資家
◦会社経営
好きな言葉
「1日生きることは1歩進むことでありたい」
新入社員としてシステムエンジニアで挫折を感じる。
すべてノートに書きだすことで徐々に仕事を覚える。
このことから少しづつ積み重ねていけば結果を得られると確信する。
24歳の時ある本に出会いインターネットを使ったサイドビジネスをスタートする。
ある日知り合いから
「お店のホームページを作って欲しい」
と言われ
「お店の90%ぐらいの人達がホームページを持っていないことに気づく」
そしてその原因が高い価格にあることが判明する。
安くホームページ制作するために、月額でホームページ制作講座をすることにする。

〇ネタバレ

ホームページ作成で一番重要なのは、デザインではなく、内容です。このテンプレートを使ったからといって、いきなり集客やアフィリエイト報酬につながることはありません。そもそも、初心者はホームページ作成の作業継続することが課題です。2800分もある動画を見るだけでも苦行になると思われます。

出典:https://perpetual-income01.com/first-class

 

実際に作成されたHPが載っていますが、言葉通り、みごとに同じテンプレで、色が違うだけ。ピアノの先生も、行政書士さんも、少年野球の練習試合募集サイトも…wそして、石田氏は、利益を広告収入から得ている為、どのサイトも、関係のない広告でなんだかごちゃごちゃしていて、ぱっと見は、なんのホームページだか、わかりませんw

出典:https://sanadasyouko.com/why-does-first-class-sell/

 

◦会社の実態が不透明
◦講座の内容が古すぎ
◦サイト制作技術の習得はできない
◦関わりのあるNPO団体が怪しい
おススメできない理由しかありません。ホームページを作れるようになりたければ、きちんとしたスクールやオンライン講座を利用しましょう。

出典:https://blackscab.net/toretama/

〇まとめ

最終的に、おすすめはできません。

誇大表現である。

特典がたくさんついている。

後何日、残りわずか、今だけ、先着など煽っている。

実践者や講師の具体的な実績や証拠がない。

具体的なノウハウの詳細がなく、初心者には難しい。

講師や会社、過去に販売していた情報商材の評判が悪い。

講師や会社が本業よりも教える、売る系(塾、スクール、セミナー、講座、情報発信、情報商材販売、コンサルティング)メインである。

初心者の実践者が『稼いで成功するまでサポートする』とコミット(結果を約束する)していない。それか180日間までサポートするなど非常に中途半端に終わらせている。

リアルなポジティブ口コミが複数ない。

リアルなネガティブ口コミがある。

褒め記事(アフィリエイトサイト、ステマ)がある。

情報がないことは前向きに捉えることもできますが、まだ実践者がいない可能性もある。それと自然発生的には複数のリアルなポジティブ口コミが生まれないので、アフィリエイターの力を頼って借りている可能性もある。

おそらくバックエンドがある。

特商法に不備がある。
(画像である、電話番号が携帯や050(IP)である、バーチャル・レンタルオフィスである)

今現在インフォトップだけでも株式会社ウェブメッセージで7件の情報商材が売られています。つまり情報商材屋で会員を稼がせることが目的でなく、売って一人でも多く会員にして自分達が稼ぐことが本音、本当の目的です。

この記事をご覧になった人は、是非今一度考え直すことをおすすめします。

終わりまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

管理人カバ

タイトルとURLをコピーしました