エターナル・パートナーPRO 麥田隆紀 実情は危険なのか?

FX

管理人のカバです。

当サイトでは、リアルな感想を発信していきます。

さて『エターナル・パートナーPRO』という商材について取り上げたいと思います。

トレードを劇的に改善できるということですが、はたして本当に初心者が稼げるのでしょうか?

〇『エターナル・パートナーPRO』判定は?

当案件は

おすすめできません。

では、その理由を見ていきましょう。

〇特定商取引法

販売者名 麥田隆紀
住所 埼玉県入間市高倉1-9-20
電話番号 070-8586-9291
メールアドレス ryuki@autofx100.com
販売URL https://autofx100.com/etemal-partner-pro-infotop/
販売価格 ¥27280(税込)

〇『エターナル・パートナーPRO』について

エターナル・パートナーPRO(通称エタパーPRO)は、メタトレーダー4(MT4)と呼ばれるFXプラットフォーム上で動作する裁量トレーダー向けのトレード支援ツールです。 MT4は日本で一番普及しているであろうFXプラットフォームです。 ただ、MT4に組み込まれている注文・決済機能は貧弱でとても使いにくい…。 そこで、注文・決済をはじめ、裁量トレードを超快適にしてくれるエターナル・パートナーPROを開発しました。

〇『所在地』は?

写真で確認したところ、バーチャル・レンタルオフィスではなく住居か建物のようです。
一人や少人数で活動されている人はあえて部屋を借りず、住居兼事務所の人も多いです。
ただ住居兼事務所なので、具体的にいつ頃活動しているかはわかりません。

〇『会社名』は?

個人名でされているようなので、特に情報がありませんでした。
最近は税金対策の面で一人で活動している人はあえて法人にしないで、個人事業主でいる人も大勢います。
スタッフを雇ったり、事務所を住居以外に借りたりすれば初めてそのタイミングで法人にする人も多いです。

〇『麥田隆紀』とは?

麥田隆紀
法政大学卒業
富士通で15年間務めた後、独立する。
今現在はMT4やEAの開発エンジニア兼トレーダーをしている。
開発経験は10年程になる。
これまで100本以上のEAやインジケーターを製作する。
裁量トレードは1日で+60万円達成経験有。
MT4プログラミングがメインのWEBサイト「autoFX」運営者
つい最近は暗号資産(ブロックチェーン)に興味がある。
投資、IT、ビジネスの話が大好き。
ナッツが大好きで、そのおかげか最近は若く見られることが増える。

〇ネタバレ

販売期間中は、無期限メールサポートがあります。ただ、インストール方法と設定方法、操作方法までです。エントリーや決済のタイミング、トレードに関する質問は、受け付けてもらえない可能性が高いでしょう。また、販売期間中がいつまでなのかは明確ではありません。そのため、販売終了後のサポート体制は不明です。

出典:https://perpetual-income01.com/eternal-partner-pro

 

セールスレターを見ても、開発者が実際にこのツールを使って利益を出している画像はありません。MT4に表示を出すだけですから、再現性があるかは不明です。実際に利用しているかどうかも分かりません。自分のトレード手法を可視化したい方や、多機能なツールを利用してトレードをしていきたいという方には活用できるかもしれませんが、初心者が活用できるかは疑問です。

出典:https://goldworldplan.com/eternal-partner-pro_mugita-takanori/

 

あくまでも裁量トレードを支援するツールなので、購入者の裁量により結果が大きく変わってしまいます。サポートはありますがインストール方法と設定方法、操作方法までがサポート範囲内なので、エントリー・決済のタイミングは自分で決める必要があります。販売ページを見ても開発者が実際にこのツールを使って利益を出している証拠となる画像はありませんでした。

出典:https://creative-money.com/eternal-partner-pro/

〇まとめ

最終的に、おすすめはできません。

誇大表現である。

特典がたくさんついている。

後何日、残りわずか、今だけ、先着など煽っている。

実践者や講師の具体的な実績や証拠がない。

具体的なノウハウの詳細がなく、初心者には難しい。

初心者の実践者が『稼いで成功するまでサポートする』とコミット(結果を約束する)していない。それか180日間までサポートするなど非常に中途半端に終わらせている。

リアルなポジティブ口コミが複数ない。

リアルなネガティブ口コミがある。

褒め記事(アフィリエイトサイト、ステマ)がある。

情報がないことは前向きに捉えることもできますが、まだ実践者がいない可能性もある。それと自然発生的には複数のリアルなポジティブ口コミが生まれないので、アフィリエイターの力を頼って借りている可能性もある。

おそらくバックエンドがある。

特商法に不備がある。
(法人がない、画像である、電話番号が携帯や050(IP)である)

特商法の中身が途中で変わっているので、再販している可能性があります。開発者自身が稼げていないのに、販売している時点で信用出来ません。

この記事をご覧になった人は、是非今一度考え直すことをおすすめします。

終わりまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

管理人カバ

タイトルとURLをコピーしました