「tinydokaanpro(タイニードカーン・プロ)」 株式会社オタケン 大田賢二 実情は難しいのか?

アフィリエイト

管理人のカバです。

当サイトでは、リアルな感想を発信していきます。

さて『「tinydokaanpro(タイニードカーン・プロ)」』という商材について取り上げたいと思います。

業界No.1ということですが、はたして本当に初心者が稼げるのでしょうか?

〇『「tinydokaanpro(タイニードカーン・プロ)」』判定は?

当案件は

おすすめできません。

では、その理由を見ていきましょう。

〇特定商取引法

販売業者 株式会社オタケン
運営統括責任者 大田賢二
URL http://tinydokaan.com/
所在地 東京都千代田区神田佐久間町1丁目8番4号アルテール秋葉原708
電話番号 080-1264-9014
メールアドレス info★tinydokaan.com
販売価格 3,980円

〇『「tinydokaanpro(タイニードカーン・プロ)」』について

アフィリエイターの命とも言うべきアフィリエイトリンクが今危ない! 無料短縮URLサービスの利用が今「転送されない、表示されない」 そんな状況だからこそ、自分のアフィリエイトリンクは自分で守る。 そのための手助けをしてくれるのが、この短縮URL作成&管理ツール 「tinydokaanpro(タイニードカーン・プロ)」です。 最新機能を搭載し、驚きの低価格を実現いたしました! これからは1アフィリエイターに1台のタイニードカーン・プロ。 ぜひ使ってみてください♪

〇『所在地』は?

Googleストリートビューで画像の埋め込みはありませんでした。
バーチャル・レンタルオフィスのようです。
インターネットで調べるとバーチャル・レンタルオフィスと出て来ます。
バーチャル・レンタルオフィスの場合は月極で借りられるところが多いです。
ただ月極ですので、来月にはもう場所が変わっているかもしれません。

〇『株式会社オタケン』は?

株式会社オタケン
2015年10月5日法人設立
事業内容
◦ソフトウェア及びシステムの企画・開発・販売・保守
◦電子書籍の企画、製作及び販売代行
◦ホームページ作成代行
◦インターネット集客支援
◦アフィリエイトサイト構築・運営
◦インターネットビジネスに関するコンサルティング
◦物販

〇『大田賢二』とは?

大田賢二
株式会社オタケン代表取締役
元お笑い芸人大田で活動中で本名は大田賢二。
数年前までお笑い芸人として活動していた前職を活かし「面白楽しくインターネットで稼ぐ!」をモットーに活躍している。
元お笑い芸人というブランディングで「どっかーーん!」のフレーズは有名である。
たくさんのアフィリエイト関連のセミナーや塾の講師をし、たくさんのスーパーアフィリエイターを輩出している。
セミナーも明るく楽しく笑えてわかりやすいと大変好評である。
またブログもランキングなどで賞を総ナメし、今もなお絶賛されている。
明るく楽しいキャラクターでたくさんの熱心なファンに支援されている。
開発者プロフィール
<開発商品一覧>
◦TWIGO-G型装備-
◦ランディングページビルダーPRO
◦ツイブロドカーン
◦D-TOOL

〇ネタバレ

調査させて頂きましたところ
◦販売ページには何回も「稼げる」とあるが、残念ながらURL短縮は売上には繋がらない。
◦URL短縮やアクセス解析が目的なら、無料ツールもたくさんある。
◦30日間のメールサポートは設置のみで操作方法はないかもしれない。
◦短縮URLは正体不明なので、逆にクリックされにくい。
◦短縮URLは経由地(そのサービスのサーバー)が増えるので遅くなる。
◦短縮URL会社がなくなれば、リンク切れでアクセス不可になる。
◦短縮URLはスパム判定されることが多い。
◦マニュアルが100ページ以上あり、わかりづらい。
◦バージョンアップ権利が365日間限定である。
というような口コミが見受けられました。

冷静に考えて頂ければわかると思いますが、短縮URLツールはどこまでいってもただのツールです。これだけを購入して使えば販売ページにあるように初心者が「稼げる」ようには決してなりません。販売ページに書いてあることを、そのまま真に受けないで下さい。

初心者は『添削指導』などで地道に一歩一歩成長するのが、一番確実な道ですし、それしかありません。
『習うより慣れよ』というように、学びと実践とサポートが全て揃って初めて成長の土台が出来ます。
ビジネスは『急がば回れ』のマインドで、極細極長の成長思考で取り組みましょう。

以上のことから決しておススメは出来ません。

〇まとめ

最終的に、おすすめはできません。

誇大表現である。

制作者や購入者の実際に稼いだ実績や証拠がない。

具体的なノウハウの詳細がなく、初心者には難しい。

講師や会社、過去に関わった人や販売していた情報商材の評判が悪い。

講師や会社が本業よりも教える、売る系(塾、スクール、セミナー、講座、情報発信、情報商材販売、コンサルティング)メインである。

サポート自体がない、または初心者の購入者が『稼いで成功するまでサポートする』とコミット(結果を約束する)していない。それか180日間までサポートするなど非常に中途半端に終わらせている。

リアルなポジティブ口コミが複数ない。

リアルなネガティブ口コミがある。

褒め記事(アフィリエイトサイト、ステマ)がある。

情報がないことは前向きに捉えることもできますが、まだ購入者が少ない可能性もある。それと自然発生的には複数のリアルなポジティブ口コミが生まれないので、アフィリエイターの力を頼って借りている可能性もある。

おそらくバックエンドがある。

特商法に不備がある。
(画像である、電話番号が携帯や050(IP)である、バーチャル・レンタルオフィスである)

ツールなど部分的な視点で見ずに、ビジネス全てを見る全体的な視点を持ちましょう。

この記事をご覧になった人は、是非今一度考え直すことをおすすめします。

終わりまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

管理人カバ

タイトルとURLをコピーしました