PLATINUM TURBO FXⅡ BELLSTONE株式会社 石塚勝博 実態は難しいのか?

FX

管理人のカバです。

当サイトでは、リアルな感想を発信していきます。

さて『PLATINUM TURBO FXⅡ』という商材について取り上げたいと思います。

初心者でもシグナルに沿った簡単なトレードからスタートできるということですが、はたして本当に初心者が稼げるのでしょうか?

〇『PLATINUM TURBO FXⅡ』判定は?

当案件は

おすすめできません。

では、その理由を見ていきましょう。

〇特定商取引法

販売業者名 BELLSTONE株式会社
代表責任者名 石塚勝博
所在地 〒294-0056千葉県館山市船形573-8
電話番号 0470-28-5940
メールアドレス ptfx2☆ptfx2.bellstone.co.jp
販売ページURL http://ptfx2.bellstone.co.jp/t/
販売価格 43,780円(税込)

〇『PLATINUM TURBO FXⅡ』について

最速で結果を出しながら学ぶ為のスキャルピングノウハウ&インジケーター&EA ロジックを全て公開しているシグナルツールです。 しかし、どの様な相場でも万能に機能するわけではありません。 苦手な相場は休み、負け易いタイミングでのシグナルは回避するなど、 シグナルトレードの精度を高める事を目的に、 必要なノウハウをピンポイントで学ぶ事が出来ます。 この様に、シグナルだからと言って学びが無いわけではありません。 シグナル発生の根拠を学びながらトレードし、 精度を高める為のノウハウをピンポイントで学ぶ事で、 短期間で学びながらトレードし結果を出していく事を目指せます。 結果として、短期間で利益を得ながらトレードスキルも身に付いていく… これこそがPLATINUM TURBO FX 2の目指しているスタイルです。 再現性の高いシグナルだけでなく、 精度を高める事を目的とした裁量ノウハウも多数提供しています。 EAを付属しておりますので、バックテストによりロジックの有効性を 数値で判断でき、設定変更による変化も明確に判断できます。 また、自動売買も可能です。 長期安定しているドル円1時間足などは自動売買を検討してみる事も お勧めいたします。

〇『所在地』は?

Googleストリートビューで画像の埋め込みはありませんでした。
この画像・住所では所在地は確認出来ませんでした。
Googleストリートビューだとある特定の部分にボカシが入っていることがあります。
Googleストリートビューでもごくまれに抜けている地域もあります。
Googleストリートビューの更新される時も表示されません。
また新しく生まれた住所や番地はないことがあります。

〇『BELLSTONE株式会社』は?

BELLSTONE株式会社で調べましたが、販売業者名、2015年10月5日法人設立、いくつかの情報商材を販売しているということ以外特に情報がありませんでした。
最近は会社名があっても実情は活動していないことも多いです。
いわゆるペーパーカンパニーというもので、建前の意味合いが強いです。
初対面の人には、ちゃんと会社を作って活動しているという真面目な印象を与えられます。

〇『石塚勝博』とは?

『石塚勝博』の情報が、代表責任者名ということ以外出て来ません。
経歴やプロフィールなども見つかりませんでした。
証拠となる顔の画像もなく、偽名や架空の人物の可能性もあります。
イメージキャラクター、広告塔としてエキストラ会社から派遣されている可能性もあります。
情報がないことは、いいことだと捉えることも出来ますが…

〇ネタバレ

調査させて頂きましたところ
◦裁量スキル必須で初心者向きではない。
◦購入者が実際に稼いだ実績や証拠がない。
◦過去に販売していた情報商材に似すぎている。(『PLATINUM TURBO FX』にフィルターがついただけ)
というような口コミが見受けられました。

初心者にとって肝(一番大切)となるサポートですが
『無期限、無制限のメールサポート』とあります。
実際どれだけ真剣に真摯に対応してくれるかは全くの未知数です。
質問してもスルーされるかもしれませんし、やっと1ヶ月後に返信が来るかもしれません。

たしかに学ぶことは大切ですが、それだけでは初心者は決して稼げるようにはなりません。

初心者が稼ぐようになるためには、学び、実践、サポートの3つが不可欠です。
◦学び:最大限わかりやすい(初心者でも理解できる)マニュアルが購入者のペースで何回も繰返し学べる。
◦実践:最大限実践しやすい(初心者でも実践できる)やり方に突き詰められた手法であること。
◦サポート:成功者と無期限(最低でも1年間)で回数無制限でフィードバックが受けられること。

初心者は『添削指導』などで地道に一歩一歩成長するのが、一番確実な道ですし、それしかありません。
『習うより慣れよ』というように、学びと実践とサポートが全て揃って初めて成長の土台が出来ます。
ビジネスは『急がば回れ』のマインドで、極細極長の成長思考で取り組みましょう。

以上のことから決しておススメは出来ません。

〇まとめ

最終的に、おすすめはできません。

誇大表現である。

特典がたくさんついている。

後何日、残りわずか、今だけ、先着など煽っている。

制作者や購入者の実際に稼いだ実績や証拠がない。

具体的なノウハウの詳細がなく、初心者には難しい。

講師や会社、過去に関わった人や販売していた情報商材の評判が悪い。

講師や会社が本業よりも教える、売る系(塾、スクール、セミナー、講座、情報発信、情報商材販売、コンサルティング)メインである。

リアルなポジティブ口コミが複数ない。

リアルなネガティブ口コミがある。

褒め記事(アフィリエイトサイト、ステマ)がある。

情報がないことは前向きに捉えることもできますが、まだ購入者が少ない可能性もある。それと自然発生的には複数のリアルなポジティブ口コミが生まれないので、アフィリエイターの力を頼って借りている可能性もある。

おそらくバックエンドがある。

過去に販売していた情報商材の評判が悪い時点で、すでに論外で問題外ですね。

この記事をご覧になった人は、是非今一度考え直すことをおすすめします。

終わりまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

管理人カバ

タイトルとURLをコピーしました