ProEX  株式会社Alat’z FXmt Mt.more 実態は怪しいのか?

FX

管理人のカバです。

当サイトでは、リアルな感想を発信していきます。

さて『ProEX』という商材について取り上げたいと思います。

決済を変えればトレードが生まれ変わるということですが、はたして本当に初心者が稼げるのでしょうか?

〇『ProEX』判定は?

当案件は

おすすめできません。

では、その理由を見ていきましょう。

〇特定商取引法

販売社名 株式会社Alat’z
運営統括責任者 岡本輝之
所在地 東京都港区南青山2丁目2番15号ウィン青山1302
電話番号 050-5216-1356
メールアドレス offcial@alatz.co.jp
販売URL https://fxmt.co/transmission/proex-top/
販売価格 21780円(税込)

〇『ProEX』について

相場を見ていない時に任意のタイミングで建玉のSL値を移動したり、決済を自動化するMT4専用拡張ツールです。 ProEXは裁量系最高峰のツールです。 応用性が高く他社教材とも共存可能な汎用システムです。 裁量の自動化、他社教材実践の無人化、独自手法の開発、通常は不可能な新システム構築などが可能です。 自動化の難しい手法や、効率化したい場合も有効です。 他者の裁量系商材に本ツールを利用する事で、使いこなせていなかった手法の掘り起こしに繋がり、相乗効果が見込めます。

〇『所在地』は?

バーチャル・レンタルオフィスのようです。
インターネットで調べるとバーチャル・レンタルオフィスと出て来ます。
バーチャル・レンタルオフィスの場合は月極で借りられるところが多いです。
ただ月極ですので、来月にはもう場所が変わっているかもしれません。

〇『株式会社Alat’z』は?

株式会社Alat’zで調べましたが、販売社名、2017年12月4日法人設立、事業内容が一般投資家用投資支援システム企画開発・ソフト販売をしているということ以外特に情報がありませんでした。
最近は会社名があっても実情は活動していないことも多いです。
いわゆるペーパーカンパニーというもので、建前の意味合いが強いです。
初対面の人には、ちゃんと会社を作って活動しているという真面目な印象を与えられます。

〇『FXmt Mt.more』とは?

FXmt Mt.more
*twitter、ブログとも2021年2月で更新がストップしているため、今現在もトレーダーとして活動しているかは不明である。
2006年株トレードを始め2007年にFXに転向するがサブプライムローン、リーマンショックで借金し、2011年に本業で借金完済する。
2013年アベノミクスで一時的にお金が潤うが資金管理でうまくいかず、全てを失う。
2014年インジケーターとEAを開発し、メンタルも改良され勝ち続け、ブログも始めインジケーターを無料で配布する。優良なインジケーターを販売し、メルマガも始める。
2016年専業トレーダーになる。
2018年原因不明の体調不良になり寝たきりとなる。
2019年体調が回復し、環境整備インジケーター関連(MT5化前の準備)を急ピッチで進める。

〇ネタバレ

調査させて頂きましたところ
◦設定を自ら行う裁量ツールなので、初心者向けではない。
◦2018年から販売しているのに、稼いだ事例がない。
というような口コミが見受けられました。

「ProEX」にはサポートはついていません。

たしかに日々の作業を効率化できるツールは大切ですが、あくまでもそれは大きく稼げるようになった後の話です。

初心者が稼ぐようになるためには、学び、実践、サポートの3つが不可欠です。
◦学び:最大限わかりやすい(初心者でも理解できる)マニュアルが購入者のペースで何回も繰返し学べる。
◦実践:最大限実践しやすい(初心者でも実践できる)やり方に突き詰められた手法であること。
◦サポート:成功者と無期限(最低でも1年間)で回数無制限でフィードバックが受けられること。

初心者は『添削指導』などで地道に一歩一歩成長するのが、一番確実な道ですし、それしかありません。
『習うより慣れよ』というように、学びと実践とサポートが全て揃って初めて成長の土台が出来ます。
ビジネスは『急がば回れ』のマインドで、極細極長の成長思考で取り組みましょう。

以上のことから決しておススメは出来ません。

〇まとめ

最終的に、おすすめはできません。

誇大表現である。

特典がたくさんついている。

後何日、残りわずか、今だけ、先着など煽っている。

制作者や購入者の実際に稼いだ実績や証拠がない。

具体的なノウハウの詳細がなく、初心者には難しい。

講師や会社、過去に関わった人や販売していた情報商材の評判が悪い。

サポート自体がない。

リアルなポジティブ口コミが複数ない。

リアルなネガティブ口コミがある。

褒め記事(アフィリエイトサイト、ステマ)があり、アフィリエイターの力を借りている。

情報がないことは「まだ広まっていない」と前向きに捉えることもできますが、全くの未知数です。

おそらくバックエンドがある。

特商法に不備がある。
(画像である、電話番号が携帯や050(IP)である、バーチャル・レンタルオフィスである)

最低でも複数のリアルなポジティブ口コミが現れるまでは、待ちましょう。

この記事をご覧になった人は、是非今一度考え直すことをおすすめします。

終わりまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

管理人カバ

タイトルとURLをコピーしました