フリマアプリ(LINEお宝アラート) 株式会社Seven stud HIDEKI(松本秀樹) 不透明な実態を公開!

物販

管理人のカバです。

当サイトでは、リアルな感想を発信していきます。

さて『フリマアプリ(LINEお宝アラート)』について取り上げたいと思います。

スマホ1台とLINEで毎月100万円稼げるということですが、はたして本当に初心者が稼げるのでしょうか?

〇『フリマアプリ(LINEお宝アラート)』判定は?

当案件は

おすすめできません。

では、その理由を見ていきましょう。

〇特定商取引法

会社名 株式会社Seven stud
会社代表者名 代表取締役 下田隆
電話連絡先 052-756-3733
会社住所 愛知県名古屋市名駅2丁目9-14第15平松OFFICE3F
メールアドレス 不明
返金 不明
販売URL 不明
商品価格 不明

〇『フリマアプリ(LINEお宝アラート)』について

フリマアプリ(LINEお宝アラート)
・初期費用がたったの0円ですむ。
・あっと驚くほどに即金性が高い。
・とても再現度の高い手法である。
・誰でも簡単にすぐに実践できる。
・出社する必要なく完全に在宅だけでOKである。
・手持ちのスマホ1台だけのコピーペーストで完結する。
・誰でも簡単にすぐに稼げる保証がついている。

〇『所在地』は?

一般的なテナントや一般人が借りる普通のビルかマンションのようです。
一見テナント貸出に見えなくもないですが、よく見ると一般人が賃貸してもいそうです。
それぞれ部屋ごとに会社や一般人が借りていると思われます。
詳細は確認しづらいです。

〇『株式会社Seven stud』は?

株式会社Seven stud
2021年10月に今現在の「株式会社Seven stud」に社名を変更している。
社名を変更する前は「株式会社BANKER6」という社名で活動していた。
株式会社BANKER6はいくつか情報商材を販売していて
◦現金バズーカー
◦バブルマネーハンター
◦2タップフィーバー
といった副業を紹介していた。
どれも悪い評判しかなく、社名を「株式会社Seven stud」に変更しても全く同じ。

〇『HIDEKI(松本秀樹)』とは?

HIDEKI(松本秀樹)
年収1億円 カリスマオンライン講師
52歳 妻と小学校5,2年生の子供2人と家族4人で暮らしている。
インターネットビジネス歴16年以上。
物販ビジネスを中心に活動している。
通算の教え子も1000人を越えて月収100万円プレイヤーを300名以上輩出している。
「スマホでメルカリ」という書籍を出版する。
開発した物販商品がテレビ朝日の「おはよう朝日」に取り上げられる。
モットーは「関わった人は全員稼がせる」である。
妻が月20万円、小学5年の長女が月1万円稼いでいる。

〇ネタバレ

調査させて頂きましたところ
◦以前販売されていた情報商材「月収100万円勝ち確定プロジェクト」の名前を変えただけ。
◦販売ページの具体的なビジネスモデルの詳細が不明。
◦誇大表現をしていて信用出来ない。
◦ネット上に「稼いだ」という良い口コミ、実績、証拠が一切ない。
◦メルカリ(フリマアプリ)を使った物販だった。
◦プロダクトローンチ(動画営業)された。
というような口コミが見受けられました。

さらに初心者にとって肝(一番大切)となるサポートですが一切見つかりません。
おそらくこの「フリマアプリ(LINEお宝アラート)」にはついていないと思われます。
初心者が0から稼ぐためには、これだけで絶望的で致命的な欠点となります。

たしかに日々の作業を効率化できるツールは大切ですが、あくまでもそれは大きく稼げるようになった後の話です。

初心者が稼ぐようになるためには、学び、実践、サポートの3つが不可欠です。
◦学び:最大限わかりやすい(初心者でも理解できる)マニュアルが購入者のペースで何回も繰返し学べる。
◦実践:最大限実践しやすい(初心者でも実践できる)やり方に突き詰められた手法であること。
◦サポート:成功者と無期限(最低でも1年間)で回数無制限でフィードバックが受けられること。

初心者は『添削指導』などで地道に一歩一歩成長するのが、一番確実な道ですし、それしかありません。
『習うより慣れよ』というように、学びと実践とサポートが全て揃って初めて成長の土台が出来ます。
ビジネスは『急がば回れ』のマインドで、極細極長の成長思考で取り組みましょう。

以上のことから決しておススメは出来ません。

〇まとめ

最終的に、おすすめはできません。

誇大表現である。【景品表示法違反(優良誤認表示)】

講師や会社、過去に関わった人や販売していた情報商材の評判が悪い又はない。

講師や会社が本業よりも教える、売る系(塾、スクール、セミナー、講座、情報発信、情報教材販売、コンサルティング、オンラインサロン)メインである。

ネット上に実際にリアルに「稼げた」というポジティブな口コミが複数ない。

ネット上に実際にリアルに「稼げない」というネガティブな口コミがある。

情報がないことは「まだ広まっていない」と前向きに捉えることもできますが、全くの未知数です。

おそらくバックエンドがある。

特定商取引法に不備がある。
(不明がある、販売URLがない、商品価格がない、電話番号が携帯や050(IP)や0120(フリーダイヤル)である、メールアドレスがない、返金の記載がない)

LINE登録を誘導している。LINE登録は99%オプトインアフィリエイト(紹介者が紹介手数料の登録数で稼ぐ手法)なので、何か紹介され登録を促されたら間違いないです。それかリスト集め(主にメールアドレスかLINEアカウント)目的になります。どちらにしろそれはそのお客さんを稼がせるためでなく、自分が稼ぐことに目的がすり替わっている証拠となります。

う~ん、会社名や情報商材名や代表者名を変えればそれでいいと思っていますね。

販売(売る)側が「やることをシンプルにして1人でも多くの”お客さんを育てて成長させて稼がせたい”」マインドでなく、「わかりやすくして1人でも多くの”お客さんに売りたい”」マインドになっている。

この記事をご覧になった人は、是非今一度考え直すことをおすすめします。

終わりまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

 

管理人カバ

タイトルとURLをコピーしました